*

PMS夫に理解されない…私が悪いの?ピル以外で症状を自制する方法は?

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

re_3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

生理前はイライラ、不眠、食欲減退、性欲減退の症状が…

生理前は、本当にいろんな不快な症状が発症しますよね。中でもイライラする、怒りっぽくなる、攻撃的になるという症状はよく聞きます。人によっては、不眠症になったり、食欲減退、性欲減退といったこともあります。

私は、逆に過眠、暴飲暴食、性欲旺盛になります(笑)

PMSって本当に、その人それぞれの症状がありますし、毎月違った症状が現れたりしますから、その症状数数百種類なんていわれています。

それだけ、ややこしい疾患なんです。PMSって。

だから、やっかいなんですよね。自分の症状って誰にも理解してもらえないし、PMSはまだ広くは浸透していない疾患ですから、まして男の人に理解してもらうことも難しいことです。中には優しい旦那さんがいて、理解しようと努めてくれる人もいますが、なかなか男性にPMSや生理のことを理解してもらうのは難しことなのかなって思います。

女性ですら、PMSのこときちんと理解している人は少ないですからね。なので、理解してもらえない!どうして!なんて私はかわいそうなの…。って思ってしまうかと思いますが、そんな辛い気持ちもどうにかクリアしていきましょう。

大丈夫です。PMSは治せます。正確には、PMSの症状を感じなくさせることはできます。生理があるうちはどうしてもPMSがつきものです。でも、生理前でも元気で明るく楽しく過ごしている女性はいっぱいいます。

夫に理解してもらえない…。どうして…。って思うつらい気持ちを考えないようにしちゃいましょう。

夫に理解されないPMS…やっぱり私が悪いのか!?

re_35c9efcb669c7a8ac7116ccfe5468323_s

一番の理解者になってほしい夫にPMSを理解してもらえないのって、やっぱりつらいですよね。それに、家事や育児に協力的でなかったりなども重なると離婚も考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

少しは私のことPMSのこと理解してよ!って思ってしまうことと思います。性欲も減退してしまうPMSの症状の場合、旦那さんから夜求められてもしたくないですよね。男性からしてみたら、断られることって、結構傷つくみたいです…。

でもPMSのせいなんだよってことを全然理解しようとしてくれない夫…。理解しようとしてくれたっていいじゃない!もう少し私のこと分かってよ!私だって好きでこうなってるんじゃない!って思っちゃいますよね。

旦那さんからしてみたら、生理がないから生理前の症状や生理痛のつらさなんてわからないものです。そんな旦那さんからしてみたらPMSだからって、何でも許されると思うなよ!っていうのが言い分なんだろうなと思います。

そうはいっても、私ばっかり大変な思いをしてる!って思ってしまいますよね。そういう男性って、仕事人間で、仕事を第一に考えてしまう亭主関白なタイプかなと思います。でもそんな仕事ができる旦那さんを選んでしまったのだから、PMSで離婚を考えるなんてもったいないです。

PMSの自分の症状を把握して、PMSを改善させて夫婦関係も改善させちゃいましょう。PMSの症状で何もかもがおっくうになってしまったり、食欲がなくなったり、性欲がなくなったり、生活に支障が出てしまうくらいの状態であるのは、あなたが悪いのではありません。

でも、だからと言って、人は一人では生きてはいけませんし、人とかかわって生活をしていきますから、甘えてばかりもいられないんですね。PMSを改善させる対策を行っていきましょう。PMSが改善できれば、毎日楽ですし普通に楽しく生活できるようになりますから。

イライラ、不眠、食欲減退、性欲減退するPMS症状の原因は?

rere__0c25f702e57f6d266e8c020c5c6ffccd_s

PMSでイライラ、不眠、食欲減退、性欲減退など、何もかもが面倒になってしまったりする原因は、自律神経に問題が出ている可能性があります。PMSはまだまだ研究段階の疾患なので、これが原因です!と特定することが難しいです。

よく、PMSが起こる原因はホルモンバランスの乱れが原因だといわれていますよね。最近の研究では、女性ホルモンである卵巣ホルモンとその他の神経伝達物質などが影響しあって、PMSの精神症状を引き起こしていると考えられています。

自律神経とPMS

私たちの体をコントロールしている自律神経は、交感神経と副交感神経というものがあります。何となく聞いたことはあるかもしれません。日中は、交感神経が優位に働き、夜になると副交感神経が優位に働きます。この状態が正常な状態です。

それが、強いストレスを感じると交感神経と副交感神経のリズムが乱れて、自律神経失調症といわれる状態になってしまいます。そうなると、夜眠れなくなってしまったりなど心も不安定な状態になってしまいます。

そして、PMSとの関係はというと、自律神経を司っているのは、脳にある視床下部というところです。この視床下部は卵巣ホルモンも司っているところでもあります。つまり、女性ホルモンといわれる卵巣ホルモンは、とてもストレスを受けやすいところに位置しているのです。さらに、卵巣ホルモンは、月経期になると大きな変動を起こします。それが、自律神経自体にも影響を及ぼしていると考えられています。

つまり、お互いにストレスを与えあっているということになります。外部からストレスを受ければ、卵巣ホルモンの分泌にも影響を与えますし、卵巣ホルモンが影響を受ければ、自律神経にも影響があります。

セロトニンとPMS

さらに、セロトニンについても触れていきたいと思います。自律神経が乱れてしまうと、ドーパミンという物質とノルアドレナリンという物質が、交感神経に活動し続けるようにという命令を送ります。

そうなると、休みもとらせてもらえず、心も体も悲鳴を上げてしまいます。ここで、セロトニンという幸せホルモンが、ドーパミンとノルアドレナリンの暴走を止めようと一生懸命働くので、セロトニンの量も減ってしまいます。

このように、悪循環が生まれてPMSの症状がどんどん悪化してしまいます。さらに、セロトニンが少なくなっている状態ですと、睡眠を司っているメラトニンも影響を受け、夜眠れないという状態を引き起こします。睡眠不足になるとPMSはもっとひどくなってしまいます。

睡眠不足とPMS

re_932c366eb713a858eb236ee789ec484e_s

PMSで不眠を感じている場合、睡眠不足がPMSを悪化させ、様々な症状を引き起こしているということも考えられます。

睡眠は、神経細胞から神経細胞へメッセージを送る神経伝達物質メラトニンによってコントロールされています。メラトニンは、暗い所や薄明りのところにいるときに脳内で作られます。その反面、セロトニンは、光を浴びることで作られます。

セロトニンとメラトニンの分泌量を正常値に戻すことができれば、睡眠不足も解消され、その他引き起こされているPMSの症状も改善できるのではないかと考えられます。

日中は、しっかり光を浴びてセロトニンを増やし、夜は電気を消して部屋を真っ暗にして布団に入るようにすることを続ければ、セロトニンとメラトニンの量を正常値に保つことができます。つまりは、規則正しく寝起きするということです。当たり前のことですが、とても大事なことです。

メラトニンは、セロトニンを増やすことができれば、メラトニンも増えますので、セロトニンを増やす必須アミノ酸トリプトファンを摂取していくのも効果的です。

セロトニン、メラトニンを増やすトリプトファン

re_10c25f702e57f6d266e8c020c5c6ffccd_s

トリプトファンは、必須アミノ酸というもので、体内で自動的に作ることができないものです。ですので、食事からとっていきます。

【トリプトファンが含まれている食事】
大豆製品・・・豆腐、納豆、しょうゆ、みそなど
乳製品・・・牛乳、ヨーグルト、チーズなど
その他・・・ゴマ、バナナ、ナッツ類など

さらに、トリプトファンを脳に運び込まないと意味がないので、ここで一緒に炭水化物も摂ります。炭水化物を一緒に食べることで、トリプトファンを脳内へ送り込み、脳内のセロトニン・メラトニンを増やすことができます。

ですが、食欲がない状態だと食べることもままならないかと思います。トリプトファンは、サプリメントもありますので、サプリから摂取してみてください。

また、カノウコソウの根は、鎮静作用があり、不眠症の方はよく使用されているものですので、こういうものも試してみるのもいいと思います。ラベンダーアロマで香りから鎮静作用を感じるということもよいです。

不眠用のサプリもありますので、そういうものを活用してみるのもいいかもしれません。あなたに合えば、不眠が解消されることによって、PMSのほかの症状もだんだんと良くなっていく可能性もあります。

これは、PMSに効果的なハーブ、チェストツリーや、トリプトファンも配合されているのでいいかなと思いました。↓↓↓


まとめ

re_d28fc754efeef1ef84d1c499381640cd_s

ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れから、セロトニン・メラトニンが不足してしまっていることがPMSの原因だと考えられます。

それを解消させるためには、セロトニン・メラトニンを増やすことを行います。そのためには、トリプトファンという必須アミノ酸を食べものから摂取する。どうしても食欲がない場合は、サプリメントもOKです。

普段の生活で気を付ける点は、日中は、光を浴びてセロトニンを増やすこと。夜は部屋を暗くしてベッドに入ること。最初は暗くしても眠れないかもしれませんが、習慣になってくると体が眠らなきゃ、起きなきゃと意識し始めますので、心がけるようにしてみてください。

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

関連記事

友人に教えてもらって初めて知ったPMS 婦人科に相談して症状が緩和

私がPMSを知ったのは実はつい最近です。生理痛で少し悩むことはありましたが、一か月、早すぎる

記事を読む

PMSで気分がモヤモヤ セルフケアとピルで生理前の状態が好調

生理前になると、肌は荒れるし微熱で体はだるいし何だか気分もモヤモヤ。ちょっとしたことでもカン

記事を読む

生理前は怠慢な自分食欲が抑えられない自分に自己嫌悪そして泣き出してしまう

10代の頃は生理の周期があまり安定しない方で、かなり遅れて生理が来る事が多かったような気がし

記事を読む

PMSの症状が年々酷くなる 毎月憂鬱!生理前の症状に効果的なハーブティーは?

生理前の症状が年々酷くなっていく 生理前の不快症状が年々酷くなっています。まえはこんなに大

記事を読む

PMSの時は食生活見直しと適度な運動とカラオケでストレス発散

私は若い頃から生理の時はお腹が痛かったり、腰が重たくてだるかったり、生理の量もひどい方で毎月

記事を読む

酷いPMSで自分自身をコントロールできない!笑う事がイライラ解消法!

私は20代の頃からかなりPMSが酷く生理が近づいてくると体調不良になり精神的にも不安定になる

記事を読む

PMSどうやって付き合っていけばいいの?本当の私でなくなる生理前

私のPMSの症状は、生理になる4~5日前から現れてきます。基本的に、一日中イライラしてます。

記事を読む

生理前生理中は情緒不安定になる|これって婦人科に行くべき!?

生理前生理中はとにかく感情の起伏が激しくなる 生理前から、生理が始まってからも情緒不安定で

記事を読む

PMSが憂鬱で仕方ない 子供にも怒鳴りつけてしまう 糖分を控えてイライラ軽減

PMSに悩まされている方多いですよね。あの理由のないイライラと気分の落ち込みは本当に辛いもの

記事を読む

生理前の鬱が酷い…仕事も上手く行かない|そんな時のPMS改善法

生理前(PMS)の鬱症状が酷い 生理前の鬱症状が酷い場合、日常生活にも支障が出てきてしまう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

PMSを改善するのにサプリを活用してみよう PMS(月経

PMSを診断してくれる婦人科は?一定期間鬱っぽい症状これって普通の鬱?

仕事のストレスでうつ病に… 仕事でストレスを溜めてしまい

生理前のイライラで彼氏にふられるかも…|PMSの乗り越え方は?

PMSが原因で彼氏にふられそう…どうしたらいい? PMS

PMSのイライラを和らげたい!婦人科受診のタイミングはいつがいい?

現在子育て中 PMSのイライラがひどい!どうにかしたい!

PMS夫に理解されない…私が悪いの?ピル以外で症状を自制する方法は?

生理前はイライラ、不眠、食欲減退、性欲減退の症状が… 生

→もっと見る

PAGE TOP ↑