*

産後PMSが酷くなった ピル以外の治療法が知りたい!

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

re_medicine_capsule_set

産後PMSの症状が酷くなった

今まではそんなことなかったのに、出産後、いきなりPMSの症状が酷くなったという女性もとても多くいらっしゃます。

が重く、家事が出来ないほどの症状に悩まされてしまうくらいですと、とても辛いですよね。

産婦人科に相談 ピルをもらったけど副作用が心配

PMSで苦しい思いをして、生活にまで支障をきたしてしまうと、家族にも申し訳ない思いをしてしまいますし、何より自分自身が一番辛いですよね。

そこで、PMSを治そうと思い切って婦人科を受診してみると、ピル(経口避妊薬「oral contracptive:OC」)を処方されるケースも多です。ただ、ピルはお薬ですから、副作用がつきものです。

そこで、まずはピルがどのようにPMSに有効的なのかをお話ししていきたいと思います。

PMSはピルでよくなるの?

ピルの成分は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つの卵巣ホルモンです。ピルを飲むと卵巣ホルモンが少し増えた状態になります。卵巣ホルモンというのは、いわゆる女性ホルモンのことです。

ピルは、低用量、中用量、高用量とありますが、これは卵胞ホルモン(エストロゲン)の量によって変わります。PMSで用いられるのは、低用量のピルです。

低用量のピルを飲むことによって、通常の状態よりも卵巣ホルモンの変動を抑えることが出来ます。PMSの症状が出ているときは、卵巣ホルモンの変動が乱れていますので、症状を抑えることが出来るという仕組みです。

ただ、ピルも相性があって、飲んですぐに症状の改善が見られる人もいれば、数か月飲み続けることによって、症状の改善が見られるケースもあります。飲み続けても改善が見られない場合は、他のピルに変えてみます。低用量のピルも何種類かありますので、他のものを試すことによって、自分に合ったピルが見つかることがあります。

今のピルはほとんど副作用はないと言われていますが、そうはいっても、身体に合う合わあいはありますので、副作用がでてしまうこともあります。

最近よくPMS・PMDDで処方されるOC:ヤーズ

良くPMSで処方されるピル、ヤーズについて少しだけご紹介したいなと思います。ヤーズは新しい世代のプロゲステロンであるドロスピレノンというものを配合したOC(ピル)です。プロゲステロンというのは、女性ホルモンの一種ではあるのですが、ピルに使われるのは人工的なものになります。

ヤーズはプラセボとの比較対象実験で、プラセボよりも効果的であったという調査結果があります。プラセボというのは、偽薬のことです。良く病は気からなんていうのを聞くと思いますが、効果があると信じて飲むと実際に病気が改善するということです。

そのプラセボとの比較でもヤーズの方が優位であったということです。

ピルを飲むことが出来ない人

ピルの副作用として良く知られているのが、血栓症だと思います。今は、血栓所を起こす確率はとても低くなっているのですが、ヘビースモーカーの方はピルは処方してもらえません。また、血圧高めの方にも処方してもらえないでしょう。

副作用はほとんど心配ないとは言われていますが、飲みはじめや胃腸が弱い方ですと、吐き気や乳房の張りなどの症状が起こることもあります。飲んでいくうちに慣れて行けばいいのですが、慣れない場合、主治医の先生と相談し、別のピルに変えてもらうなどの別の対処法を検討することも必要かもしれません。

ピルはたいていのお薬との併用がOKではありますが、一応風邪などの他の病気で病院にかかる場合は、お医者さんにピルを飲んでいることをお伝えした方がベターです。ただし、サプリメントで一部併用してはいけないものもありますので、婦人科の主治医の先生と相談してみてください。

ピル以外で良くなるものはないの?

ではでは、そろそろピル以外の方法で良くなるものについてお話ししていきたいと思います。頭痛、腹痛や腰痛、吐き気などの身体的症状がみられる場合、むくみが原因である可能性があります。

ですので、単純にむくみを取ってあげれば症状が改善すると考えられます。そもそも何で、PMSになるとむくみが生じるのかという点について簡単にお話ししていきたいと思います。症状を治すには原因を知っておくことも必要です。

黄体期、つまりPMSの症状が出始める時期というのは、卵巣ホルモンが増えるのですが、この卵巣ホルモンが水分をため込みやすいという性質を持っています。卵巣ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があるのですが、そのうち、プロゲステロンが水分をため込みやすいという性質を持っています。

さらに、黄体期自体も水分の代謝が悪いという実態もあります。そのため、手足がむくむのはもちろん、カラダのいたるところがむくむようになってしまいます。例えば、頭痛の原因ですが、脳に水分が溜まってしまうことでむくみが発生し、頭痛、眠気、イライラなどの症状を発生させます。腸管内に水分が溜まることで、便秘がちにもなりますし、吐き気や腹痛も生じます。

月経前に腰痛を感じるのは、月経直前に子宮が妊娠初期のような状態になり、大きくなっています。そのため、子宮周囲の血管が圧迫されて、骨盤内の血行が悪くなってしまうということが原因だとされています。

むくみをとるにはどうしたらいいの?食事療法編

むくみを取るには、水分を減らすことが一番ですが、乾燥する時期に水を飲むのを控えるというのも酷な話ですよね。ですので、水分を摂っても排出するということに焦点をあてていきたいと思います。

食事の面では、塩分を控えるというのは大前提です。ビタミンB6が不足している状態でもあるので、ビタミンB6の含まれている食材を摂るのが良いです。ここで注意しなければいけないのが、ビタミンB6は摂りすぎると悪影響を及ぼすという点です。

ビタミンB6は必ず食材からのみ摂取してください。
●ビタミンB6が含まれている食材
緑黄色野菜やナッツ類、鮭、いわし、レバー
など

それから、利尿作用のあるカリウムを摂るというのも食事療法の1つです。カリウムはサプリメントでとっても大丈夫です。
●カリウムの含まれている食材
昆布、わかめ、ひじき、里芋、アボカド、バナナ、ほうれん草、枝豆、切り干し大根、インゲン豆
など

むくみをとるにはどうしたらいいの?サプリメント編

どうしても食事療法だけだと間に合わないー!そんなに毎日食事に気を遣う余裕がないよーという場合、サプリメントや漢方なども試してみると良いかもしれません。

サプリメントでカリウムを摂ったり、漢方ですと当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) が浮腫みに効果的で、PMSの治療にもよく処方されています。

あんまりお薬に頼りたくないという場合は無視していただければ遠むのですが、利尿剤を飲むというのも1つの手段です。

むくみをとるにはどうしたらいいの?その他

むくみを取るには、体内にため込んでしまった水分を外に排出することが大切です。そのためには、運動をして汗を流すという事もとてもいいです。

あんまり運動が得意じゃないという場合は、ちょっと早歩きのウォーキングとかを行ってみると良いです。それだけでもだいぶ違います。身体を動かすことで血の巡りが良くなりますので、老廃物の排出も期待できます。土日だけでもやってみると良いですよ。

動けないほどの辛い症状だと運動なんてできないよーって思ってしまうかと思いますので、調子が良いときに外に出て軽めのウォーキングなどから始めてみてください。サウナが大丈夫であれば、サウナとか、ホットヨガとかも良いかもしれません。でも無理をしない程度にしてくださいね。

お風呂にゆっくり漬かるというのもとてもいい手段で、汗もかきますし、身体の温め効果と水圧で血行が良くなりますから、代謝が良くなりデトックス効果が高まります。湯船につかって、ふくらはぎのマッサージをするのも良いです。

PMSで、頭痛、吐き気、腰痛などの身体的症状に悩まされている場合は、体内の水分を排出させるということをやってみてください。

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

関連記事

生理前は嫌な記憶を思い出してしまう…そんな辛いPMSと向き合う方法

年齢を重ねるごとにひどくなるPMS|10代から月経前症候群の症状が 月経前症候群(PM

記事を読む

PMS色んな症状に悩んでいたけど今はPMSの時期を楽しんでます♪

私のPMSの症状 生理前に突然やってくる ・全てのことにイライラする ・身体(特に

記事を読む

生理前症候群と上手く付き合うには?自分を甘やかし大事にすること

女性なら皆、毎月、来る生理。これがなければ、どんなに楽だろうと毎月思うのは私だけではないはず

記事を読む

生理前おなら回数が多い PMS時のおなら対策方法について

生理前(PMS)になるとおならの回数が増える原因は? 便秘になるとおならが出やすくなり

記事を読む

PMSピルはちょっと不安 だから自分に合った対処法で解消

こんにちは。私は奈良県在住の31歳既婚女性です。25歳を過ぎたごろからかなりPMSに悩まされ

記事を読む

PMSって治るの?イライラどうにかしたい|どんな治療をするの?

感情を抑えられないくらいイライラがひどいのはいつも決まって生理前だった なぜだか鉛筆が転が

記事を読む

独身の時よりも酷くなったPMS、気にしないことが私の解決法

私は生理前になるとおでこにニキビができて軽い腹痛があり、食欲が止まりません。スナック菓子やお

記事を読む

生理前のイライラが産後ひどくなってきた私のとっておきのPMS解消法

PMS(月経前症候群)は、最近よく女性特有の症状だという認識が世に広まってきましたね。私は1

記事を読む

PMS食欲が収まらない症状 薬の副作用でこれ以上太りたくない場合の対処法

PMSの症状 食べても食べても食欲が止まらない 生理前になると無性に食べたいという衝動に駆

記事を読む

PMSで身体がむくむ 濃い味が食べたくなる 生理周期手帳で自己管理

PMSの時は、ちょっとイライラする上に、のどが渇く、体がむくむでさらにイライラする。私の場合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

PMSを改善するのにサプリを活用してみよう PMS(月経

PMSを診断してくれる婦人科は?一定期間鬱っぽい症状これって普通の鬱?

仕事のストレスでうつ病に… 仕事でストレスを溜めてしまい

生理前のイライラで彼氏にふられるかも…|PMSの乗り越え方は?

PMSが原因で彼氏にふられそう…どうしたらいい? PMS

PMSのイライラを和らげたい!婦人科受診のタイミングはいつがいい?

現在子育て中 PMSのイライラがひどい!どうにかしたい!

PMS夫に理解されない…私が悪いの?ピル以外で症状を自制する方法は?

生理前はイライラ、不眠、食欲減退、性欲減退の症状が… 生

→もっと見る

PAGE TOP ↑