*

生理前、発熱、胃もたれ、下痢も吐き気もする、これってPMS?どうしたらいい?

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

re_9ebfb0900f21109b66afb86686d410c5_s

生理前は毎月じゃないけど熱が出たり、胃もたれ、吐き気、下痢の症状がでちゃう

毎月ではないけれど、生理前は何だか体の調子が良くないことが多い。という場合PMS(月経前症候群)の症状である可能性があります。PMSは、実に200種類以上という症状があり、専門家もまだ研究段階の疾患で、よくわかっていないというのが現状です。

なので、人それぞれ症状の出方が違います。毎月同じ症状が出る場合もあれば、先月のPMSは腹痛が酷かったけど、今月のPMSの症状は精神的な面にきていてイライラが酷い。とか、本当にそれぞれなんです。

月経のある女性には、 “生理前” という状況は必ずやってきます。毎月何らかの症状に苦しむのはちょっと辛いですよね。

精神面での症状もとても辛いですが、発熱や胃もたれ、吐き気、下痢といった症状が出てしまうことも日常生活に支障をきたしてしまいますよね。症状の重さもよりますが、軽くてもやっぱり体調不良って精神的にもマイナス思考よりになってしまったりしますから、何とかできるものなら何とか治したいですよね。

今回は、体調面での原因やケアについて考察していこうと思います。

生理前の発熱は黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く出ているかも

黄体ホルモン(プロゲステロン) というのは、卵巣ホルモン(女性ホルモン) の一種です。PMSの時期は黄体期と言って、妊娠しているかもしれない期間なのです。プロゲステロンは、排卵後に活発に分泌され、もともとは妊娠のためのホルモンです。

プロゲステロンには、鎮静作用があります。『受精卵の着床のためにおとなしく過ごしてね』と身体に命令をして眠くなったり、ぼーっとしてしまったり、だるくなってしまったりという状態を起こします。赤ちゃんが出来るかもしれないからおとなしくしててねって身体が症状を起こして伝えているんですね。

プロゲステロンが、体温を上昇させているため、熱っぽくなってしまっているという状態が考えられます。

他の症状も相まって、どうしても辛いようであれば、解熱剤を飲んで対処するということが良いと思います。あまり、お薬に頼りたくないかもしれませんが、明日絶対仕事休めない!とか、明日は彼とディズニーランドだから絶対元気でいたい!という緊急時は服用すると良いです。

今ある苦痛を取り除いて、大切な日に臨むことが一番です。あまり我慢してもかえってそれがストレスになり、PMSを悪化させてしまうことにもなりかねません。卵巣ホルモンは神経伝達物質と密接な関係にありますので、ストレスを受けやすいのです。

生理前の体調不良はむくみが原因かも

手足のむくみは、生理前に「なんだかむくんでるな~。」とか、「ブーツが上まで閉まらない…」といったことを実感したことがあるかもですが、むくんでいるのは手足だけじゃないんです。

それって、顔でしょ?って思いましたでしょうか。確かに顔もむくみますよね。でもそれだけじゃないんです。血管がむくんでいるんです。

この、血管の浮腫みが、PMSの色々な症状を引き起こしているんです。例えば、腸の血管がむくんでいると、胃腸の不調や吐き気を感じます。これは、卵胞ホルモン(エストロゲン) という卵巣ホルモンの一種が多く出てるときに血管のむくみを生じさせます。

卵巣ホルモンは、女性ホルモンの一種で、先にお伝えした、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン) があります。

PMSの時は、プロゲステロンが異常に多く分泌されているときもあれば、エストロゲンが多く分泌されているときもあります。はたまた、両方が通常よりも多く分泌されているという場合もあります。

卵巣ホルモンは水分をため込みやすい

ではでは、なぜ生理前はむくみやすくなるかというと、卵巣ホルモン自体が、水分をため込みやすいという性質を持っていると言われています。月経周期の中で、排卵後に卵巣ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が異様に増えてしまいます。

この、卵巣ホルモンが異様に増加することに身体が反応し、PMSの症状が発生してしまいます。そして、黄体ホルモン(プロゲステロン)ですが、色々な働きをするホルモンであり、水分をため込むという性質があります。

このことにより、黄体期はどうしても水分をため込みやすく代謝が悪くなってしまいます。

PMSの下痢の症状は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用!?

次に、PMS時の下痢についてですが、黄体ホルモン(プロゲステロン)が関係しているといわれています。生理前の下痢を経験している女性は多くいて、PMSの症状で上位を占める症状です。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、本当に色んな働きをしていて、腸の働きを低下させるという働きもしています。PMSの下痢は、排卵後に増加傾向にあるプロゲステロンが影響しているということが言われています。

また、腸内環境が悪い状態であると、神経伝達物質であるセロトニンの量自体が減ってしまいます。そして、ただでさえ少なくなってしまったセロトニンを腸で使おうとします。何に使うのかというと、悪化した腸内環境を正そうとして、悪玉菌と戦ってくれます。悪玉菌を追い出そうとして、下痢やおならを引き起こして体外へ排出させようとしてくれているんです。

このため、下痢が起こるとも言われています。

このように、PMSは、色んなところが相まって発生しています。とても複雑でややこしいため、まだまだ研究段階であり、はっきりとしたことがわからないというのもうなずけます。

カリウムの利尿作用でむくみ改善

むくみで引き起こされているPMS症状改善のために、浮腫みに効果的な成分カリウムを摂ると良いです。

カリウムは、食事から摂っても良いですし、どうしも目に見てわかるくらいの浮腫みで、もうどうにかしたい!っていうときは、クリニックで利尿剤を処方してもらうというのも手です。また、浮腫みに効果的な漢方もありますので、漢方を処方してもらうのも良いです。

浮腫みやめまいに良い漢方は、当帰芍薬散という漢方です。漢方は婦人科でも処方してもらえますので、むくみが酷いのですが、薬よりも漢方で治したくて…と相談してみてください。

ただ、婦人科医でも、PMSについて詳しくない先生もいらっしゃいますので、出来ればPMSも診断してますよ~という婦人科を探してみてください。

カリウムが含まれている食材

PMSはセルフケアもとっても重要なんです。ですので、ぜひ食事療法も行ってみてください。
カリウムが含まれている食材を下記にいくつか列挙してみました

≪カリウムの含まれている食材≫
こんぶ
かんそうわかめ
干しひじき
里芋
干し杏
アボカド
干し柿
バナナ
メロン
切り干し大根
ほうれん草
枝豆
あずき
インゲン豆

海藻とか、アボカドとか、バナナとか、結構、女性が好きなものが多いのではないでしょうか。凝った調理をする必要もなく、取り入れやすいと思いますので、積極的にカリウムの含まれている食材を意識的に摂ってみてください。

PMSの体調不良は入浴で血行良くしてリフレッシュ

本当は、運動をして汗を流したり筋力をつけることでむくみにくくなるのですが、がっつり運動したくない場合、湯船につかってください。

シャワーだけよりも、ちゃんとお風呂につかることで、血行もよくなり、じんわり汗もかいてむくみが解消できます。

身体の冷えも浮腫みの原因になりますから、身体を温めるということでも、お風呂にゆっくり入るということしてみてください。毎日は時間がなくて入れないよという場合は、週末だけでも入ってみてください。

入浴は、リラックス効果もありますので、PMSの改善にとても有効的です。卵巣ホルモンは自律神経と密接な関係にあって、ストレスを受けやすいので、“ストレスを与えない”、“受けたストレスは緩和させる”ということが、毎月の生理前の憂鬱を改善させるのにとても有効的なのです。

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

関連記事

PMS頭痛 胸の張り 顎ニキビ サプリと豆乳飲んで生理前を乗り切る

毎月の生理大変ですよね。とくに身体が冷え切っている冬場はPMS症状が強くでて特に嫌になっちゃ

記事を読む

産後PMSが酷くなった ピル以外の治療法が知りたい!

産後PMSの症状が酷くなった 今まではそんなことなかったのに、出産後、いきなりPMSの症

記事を読む

独身の時よりも酷くなったPMS、気にしないことが私の解決法

私は生理前になるとおでこにニキビができて軽い腹痛があり、食欲が止まりません。スナック菓子やお

記事を読む

PMSの治療には婦人科選びも重要!処方された漢方で症状と肌荒れも改善

私はPMSの症状が辛く、1度病院に通いましたがその診断や対応に納得する事が出来ませんでした。

記事を読む

PMS症状改善方法 腹痛 気持ちの浮き沈みがひどかった私が今は上手く付きあってます

私がPMS症状で悩まされると感じるようになったのは高校2年生の頃からです。反抗期という時期も

記事を読む

生理前の不調を緩和させるセルフケアは大豆製品とツボ押し

女性には月経(生理)前の症状で、中々人に理解されないような不調が起きることがあります。例えば

記事を読む

生理1週間前くらいから感じる吐き気 この症状はPMS?治す方法はコレ!

生理前になると決まってつわりなのかなって思うような吐き気がある場合。そして、それがつわりでは

記事を読む

生活に支障が出るほど悩んでいたPMS。改善には温めることだった!

私は学生の頃からPMSの症状が重く、下腹部の痛み・頭痛・めまい・イライラなど、本当にたくさん

記事を読む

産後PMSで食欲旺盛、下腹部痛の症状が セルフケアで症状緩和

私の産後PMSの症状は食欲旺盛になる、眠くなる、下腹部痛、お酒に酔いやすくなるなど様々です。

記事を読む

PMSって治るの?イライラどうにかしたい|どんな治療をするの?

感情を抑えられないくらいイライラがひどいのはいつも決まって生理前だった なぜだか鉛筆が転が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

PMSを改善するのにサプリを活用してみよう PMS(月経

PMSを診断してくれる婦人科は?一定期間鬱っぽい症状これって普通の鬱?

仕事のストレスでうつ病に… 仕事でストレスを溜めてしまい

生理前のイライラで彼氏にふられるかも…|PMSの乗り越え方は?

PMSが原因で彼氏にふられそう…どうしたらいい? PMS

PMSのイライラを和らげたい!婦人科受診のタイミングはいつがいい?

現在子育て中 PMSのイライラがひどい!どうにかしたい!

PMS夫に理解されない…私が悪いの?ピル以外で症状を自制する方法は?

生理前はイライラ、不眠、食欲減退、性欲減退の症状が… 生

→もっと見る