*

生理前限定で倦怠感や涙が止まらないという症状がこれって躁鬱症状?PMS?

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

re_woman_naki

生理前になぜだか涙が止まらない状況にこれは躁鬱なの?それともPMS?

生理前に意味もなく涙がこぼれ落ちてくる。躁うつ病と診断された経験があるあなたは、躁鬱症状なのか、それとも生理前だしPMSかもとか、どっちかわからなくなってしまいますよね。

涙を止めたいのに自分ではもうどうにもできない!何なのコレ!?っていう状態になってしまった場合、それが生理前限定であればPMSの症状だととらえて良さそうです。

PMSの精神的な症状

re_700a4dca95c10b17be4b82b7cc3ba18d_s

PMSには200以上の症状があるといわれていて、中でも今回の涙が止まらないという症状もとても多いPMS症状の1つです。大阪樟蔭女子大学の研究ですと、18~22歳の530名にアンケートを取った結果、PMSの症状として涙もろくなると回答したのが、54.8%と多い数字が出されています。『若年女性における月経前症候群(PMS)の実態に関する研究』から引用させていただきました。

ただ、あまりにも涙もろくて涙が止まらないという症状が強く出ている場合、それはPMDDかもしれません。PMDDは、PMSに比べて精神的な症状が主体となって重めに出てしまう症状です。なので、生理前のもやもやした気持ちの変化やそれによって引き起こされる怠さは、甘えから来ている訳じゃないんです。

正式な名称は、月経前気分障害(premenstrual dysphoric disorder:PMDD)と、言います。ちなみにPMSは、月経前症候群(premenstrual syndrome:PMS)と言います。PMSもPMDDも、月経周期と密接な関係をもつ疾患です。ただ、PMDDの方がちょっと強めの精神症状が出ちゃっている状態になります。

生理前に涙が止まらない状態が続いている…それってPMDDかも

re_33a02441144b7df6db7f15395caa421c_s

もう涙が止まらない状況が3日も続いている。どうしよう、これじゃバイトにも行けない。という場合、私PMDDかもしれないと疑ってみると良いかもしれません。でも、そこで、「私PMDDなんだ…」って落ち込まなくて大丈夫です。PMDDとわかったら改善に向けての対処法もわかりますので、自分を卑下しなくて良いんですよ。

これも大阪樟蔭女子大学の研究結果からですが、PMQ(The premenstrual symptoms qustionnair)という質問票で、20~50歳の看護師861名を対象に調査を行いました。PMDDの診断基準を満たしているのが4.2%程見られ、これは諸外国とほぼ同等の高率でPMDDの症状を日本人女性も経験しているということがわかりました。

PMDDには判断基準があります。以下の4つが症状のうち1つ以上当てはまっているとPMDDの可能性が考えられます。


① 著しい抑うつ気分、絶望感、自己卑下がある
② 著しい不安、緊張、緊張感が高まっていたりいらだっている感情がある
③ 著しい情緒不安定がある(例:突然悲しくなる、涙もろくなる、拒絶に対する敏感さ)
④ 持続的で著しい怒り、易怒感、対人関係の摩擦

さらに、仕事または学校または通常の社会生活や対人関係が著しく妨げられるような症状が連続2回の周期で見られる場合、PMDDとしてとらえて、生理前の精神症状改善への対策を行っていきます。自殺願望なんかも出ている場合も、PMDDの症状が出ているんだなって考えて良いと思います。

PMDDの症状が出てしまっていると、自分自身も辛いですし、家族や友人、バイト先の人たちに対しても迷惑をかけてしまっているということが申し訳なく思ってしまいますよね。そうすると、その「迷惑をかけてしまっている」という思いがストレスになって、さらに生理前の精神症状を悪化させてしまいます。精神面が強めに出ている場合、一度婦人科に行って相談してみると良いかもしれません。

PMS・PMDDが起こる原因

re_79a73aa61ac51df8596fa2d44da4d1a4_s

生理前になんで涙もろくなっちゃって、ずーっと涙が止まらないんだろう。PMSやPMDDが起こる原因って何だろうってやっぱり知りたくなりますよね。生理前の不快症状は、ホルモンバランスの乱れから来ているんだろうなって、なんとなく思っているのではないかなと思いますが、実はこの説は現代の研究者の間では否定的なのです。

というのも、PMSではない正常な女性とPMS女性とで、血中のエストロゲン値、プロゲステロン値を図ってみたところ、差がなかったということなのです。エストロゲンとプロゲステロンは、女性ホルモンと呼ばれているホルモンのことです。

じゃあ、なんでPMS・PMDDが起こるの?って不思議に思いますよね。もちろん、このエストロゲン、プロゲステロンも関係しています。ただ、女性ホルモンのせいだけじゃなかったんです。

エストロゲンとプロゲステロンを総称して卵巣ホルモンって呼ぶのですが、卵巣ホルモンの総量の変動の波が大きすぎると他の部分に悪影響を与えてしまいます。それが、精神面を司っている視床下部に影響を与え、神経伝達物質であるセロトニンに影響を与え、情緒不安定さを引き起こしてしまいます。

実は卵巣ホルモンを司っているのも脳の視床下部というところなのです。このため、卵巣ホルモンが大きく変動すると直撃して神経伝達物質であるセロトニンにも影響を与えてします。その結果として情緒不安定さを引き起こし、涙が止まらないという症状が起こっていると考えられます。

今すぐ治したい躁鬱っぽいPMDDの辛い精神症状にはクリニックでお薬を処方してもらう

re_75dd6141ae0281971f3009be13613261_s

お薬ってどうしても副作用が心配になってしまったり、病院に行くのが億劫だったり、ためらってしまったり、お薬をやめられなくなってしまったらどうしようとか、色んな不安があるかと思います。

でも、今の辛い症状を取り急ぎ無くすことがPMDD患者さんには必要なことではないかなと思います。PMDDはすでに社会生活に支障をきたしている状態ですから、自分のためにも周りとの良い関係を壊さないためにも、お医者さんと相談の上、お薬を検討してみても良いと思います。

PMDD患者さんが良く処方されているお薬ですが、SSRI(selective serotonin reuptake ihiitor=選択的セロトニン再吸収阻害薬)という抗うつ剤を良くPMS、PMDD患者さんには処方されています。SSRIは、セロトニンの量を低下させないようにしてくれるセロトニンに働きかけるお薬です。

先ほどちょっとお伝えしたように、近年のPMS研究では、セロトニンなどの神経伝達物質の低下が原因なのではないかといわれています。そして、PMS、PMDDにはこのSSRIがとても有効であるということが分かってきました。

つまり、SSRIが有効ということは、PMS、PMDDの著しい精神症状にはセロトニンが関係しているということに繋がります。なので、セロトニンを増やすことが出来れば、情緒不安定な気持ちや止まらない涙を止めることが出来るのではないかと考えられます。

セロトニンを増やすには

re_02025eb7473750ce48c913534f4356b8_s

生理前になると涙もろくなると回答したPMS、PMDD患者さんに共通することは、ほとんど運動をしていないということが共通点として挙げられました。体を動かすことによって、血流も良くなりますし、ストレスも緩和されていきます。ランニングしなさい!とは言いませんので、ストレッチやヨガなど、体をほぐすことを行うと血の巡りも良くなってきて、心の状態も良くなります。

光を浴びることでセロトニンが増えるということも確認されていますので、ウォーキングも取り入れると良いです。実際に、南カリフォルニアのある女性は、夏はPMSの症状が出ないのに対し、冬になると必ずPMSの症状が発症するということが判明された例もあります。光はセロトニンレベルを上げてくれますので、涙が止まらなくてこんなんじゃ外に出れないよ!って思うかもしれませんが、ちょっとだけでも日光に当たってみてください。

セロトニンを食事で摂る場合、必須アミノ酸トリプトファンの含まれている食事を摂る事で、セロトニンを生み出します。トリプトファンは、チーズ、魚、ナッツ類、ほうれん草、大豆などに含まれています。欧米ではサプリメントも良く使用されていて、5-HTP(5-ヒドロキシトリプトファン)というサプリがトリプトファンよりも脳へ取り込みやすいということで使用されています。SSRIと併用すると相互作用で抗鬱症状の有効性が増すといわれていますが、サプリを摂るときは、お医者さんにも相談してみてくださいね。

まとめ

re_dd07a5438854f45c1f30803ecf26baea_s

生理前に起こる涙もろさは、PMSの症状と考えてよさそうです。ただ、涙がどうにもこうにも止まらないというときは、PMSからPMDDになっている可能性があります。その場合は、一度お医者さんに相談してみると良いと思います。

PMDDだと判断されると、SSRIというお薬を処方されると思います。SSRIは即効性がありますから、支障をきたしていた社会生活も普通に遅れるようになるかと思います。お薬を飲むのは、生理前のみで大丈夫ですが、いずれ、お薬なしでもPMDDの躁鬱症状がよくなるように、セルフケアとして、「運動をすること」、「日光に当たること」、「トリプトファンの含まれている食べ物やサプリを摂ること」などを行ってみてください。

トリプトファンを摂ったら、米や麦などの炭水化物も一緒にとってくださいね。炭水化物を摂ることで、トリプトファンを脳に運んでくれて、脳内にセロトニンを発生させてくれますから。

あとは、自分が心地よいと思うストレス発散方法やリラックス方法を見つけること。これがPMDD改善に繋がっていきます。上手く、PMS、PMDDと付き合って、改善していきましょう。

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

関連記事

PMSを診断してくれる婦人科は?一定期間鬱っぽい症状これって普通の鬱?

仕事のストレスでうつ病に… 仕事でストレスを溜めてしまい、結果的にうつ病を患ってしまう

記事を読む

PMSは子供達を叱りすぎてしまう そんな私のイライラ解決法はヨガ

PMS時はいつも以上にイライラしてしまって、幼い息子達についつい厳しく叱りすぎたり、主人に小

記事を読む

PMSの過剰な不安感、自律神経の異常にはアロマが効果的だった!

私のPMS症状は高校生から始まっていました。肩が張りすぎて吐き気がこみあげたり、些細な友達の

記事を読む

生理前の鬱が酷い…仕事も上手く行かない|そんな時のPMS改善法

生理前(PMS)の鬱症状が酷い 生理前の鬱症状が酷い場合、日常生活にも支障が出てきてしまう

記事を読む

PMSの時は彼氏とケンカしちゃう 漢方と精神安定剤で彼氏とも仲直り

26歳のときPMSに悩みました。当時付き合っていた彼氏とは何かあるとすぐケンカになっていまし

記事を読む

PMSは一人で悩まないで誰かに相談すること 家族にも自分の状況を伝えること

39歳専業主婦です。私がPMSの症状に悩まされ始めたのはちょうど1年程前からです。最初は元々

記事を読む

生理前は訳もなくイライラ 人に会うのが面倒くさい そんな時は静かに過ごすが一番

私のPMSの症状は色々です。 友達との約束の日が近づいてくると憂鬱になってきてしまいま

記事を読む

PMSの時は食生活見直しと適度な運動とカラオケでストレス発散

私は若い頃から生理の時はお腹が痛かったり、腰が重たくてだるかったり、生理の量もひどい方で毎月

記事を読む

生理前の2日くらいはスーパーネガティブに PMSの期間は一人でのんびり過ごすことも大切

生理前になると、突然イライラするスイッチが入ったかのように心が荒んでしまうのでだいたい生理が

記事を読む

私のPMSの3つの症状緩和法 温めるということがキーポイント

大学を卒業するまでは生理中の生理痛がときどきあったり、にきびができたりする程度だった私。とこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

PMSを改善するのにサプリを活用してみよう PMS(月経

PMSを診断してくれる婦人科は?一定期間鬱っぽい症状これって普通の鬱?

仕事のストレスでうつ病に… 仕事でストレスを溜めてしまい

生理前のイライラで彼氏にふられるかも…|PMSの乗り越え方は?

PMSが原因で彼氏にふられそう…どうしたらいい? PMS

PMSのイライラを和らげたい!婦人科受診のタイミングはいつがいい?

現在子育て中 PMSのイライラがひどい!どうにかしたい!

PMS夫に理解されない…私が悪いの?ピル以外で症状を自制する方法は?

生理前はイライラ、不眠、食欲減退、性欲減退の症状が… 生

→もっと見る

PAGE TOP ↑