*

産後のPMSが酷い 子育てにイライラして子供に怒鳴ってしまうのを解消する方法

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

re_ikuji_noiroze

産後PMSの症状が酷くなった

今日のタイトルですが、産後のPMSということで、実は、産後PMS(月経前症候群)が酷くなったと訴えてるママさんがとても多いということを知りました。調査してみると、PMSの症状は、年齢、出産経験、就労によって症状や発生の頻度に差異があると報告されています。

出産経験のある女性のPMSの症状として、イライラ、怒りやすい、攻撃的になる、自分はつまらない人間だと思うといった症状を発症している人が多いとのことです。(参考文献:婦人科疾患の診断・治療・管理)

産後うつっていう言葉もあるように、出産後、うつ病を発症したり、気分が落ち込むなどの精神状態の不安定さに悩むママも多いです。一方で妊娠は情緒が安定する時期だというお話もありますが、これは神話ですなんて言っている本もありました。

妊娠中や産後の時期って、不安やうつ病になりやすい時期でもあるんですね。だから、生理前なんて特に神経過敏になっているような状態ですから、産後のママさんはPMSになりやすい状態になりがちなんです。

子育てにイライラしてしまい生理前になると些細なことで子供に怒鳴ってしまう

ただてさえ子育て大変なのに、生理前と産後っていう神経過敏になる状態が重なって、PMSが酷くなり、イライラして些細なことで子供に怒鳴ってしまう。そして、そんな自分に自己嫌悪・・・。で、またさらに落ち込む・・・。っていう悪循環に陥ってしまいますよね。

しかも、子供が1人ではなく2人いると、上の子に「お兄ちゃんなんだから、お姉ちゃんなんだからもっとしっかりしてよ!」みたいに冷たくあしらってしまったり。本当は優しいママでいたいのに、どうにもこうにもイライラが抑えきれず、怒りが込み上げてきて、「なんでこんなことするの!」「信じられない!」とか、子供に怒鳴ってしまうこともあるかと思います。

セルフケアをやってみたけど・・・

そんな状態を何とかしようと、良いママでいようと、大好きな子供たちに怒鳴りつけないようにしようと、奮闘しますよね。市販のイライラを抑える薬を飲んでみたり、気分が落ち着くハーブティーを飲んでみたり、運動してみたり、カフェインを控えてみたり、甘いものも控えてみたりするものの、イマイチこれといった改善が見られない。

「私、これだけやってるのにどうして治らないの!」ってまた自分を責めてしまったり悲観的になってしまったり、そんなこともあったかと思います。

でも安心してください。PMSの認知度はまだ低いとはいえ、研究は進んできています。ちゃんとあなたは自分が今PMSなんだってわかっているというだけでも違います。そしてセルフケアだってちゃんとやってきました。とてもえらいです!何とか改善しようと行動を起こしているんですから。

体質改善には1か月~3か月くらいかかります。どうしても辛いときはお医者さんに相談するという手段もあります。婦人科でピルを処方してもらったり、ちょっと抵抗あるかもしれませんが、精神科で精神安定剤を処方してもらうということも視野に入れてみても良いと思います。

精神科も精神安定剤もちょっと抵抗が・・・。近所の目もあるし・・・。って思っちゃうかもしれませんが、愛する子供たちや旦那様に八つ当たりしないためにも勇気を出していってみてください。違う記事にも書いたのですが、女性誌に載っちゃうようなイケメンドクターに会えるかもしれませんよ(笑)私が見た雑誌には精神科のイケメンドクターが掲載されていましたから。

なるべく薬に頼りたくないけどピルは効果的?

とはいえ、まだ目の離せない子供2人もいると、もしお薬の副作用でぼーっとしてしまったらどうしようって考えちゃいますよね。ピル(経口避妊薬)だと毎日飲み続ける必要があり、もしあなたの体に合わない場合は、吐き気などの症状が出てしまう場合もあります。胃腸が弱い場合はお医者さんに相談してみてください。

ピル(経口避妊薬)は、エストロゲンとプロゲステロンの合剤です。なので、ホルモンバランスが崩れてしまうPMSにも有効的であるとされていて、人工的に妊娠状態を作り上げるお薬で、かなり多くのPMS患者さんの症状が軽くなったという報告もあり、完治するケースもあります。

ピルの有効性と副作用

1967年ころのお話ですが、ピル(経口避妊薬)の副作用として血栓寒栓病が注目されていたり、うつ病を併発してしまうといったことがありましたが、最近はうつ病の営発は問題視されなくなってきたということです。

ただ、血栓症には留意が必要とのことで、ピルを飲みながら定期的にクリニックに検診に行く必要がありますので、小さなお子さんを抱えてだと毎月の定期検診も大変かもしれません。

また、ピルの効果は不十分であることも多く、生活指導やカウンセリングなども取り入れ、改善を目指すという治療法が定番です。

また、イライラや怒りがとても強い場合、精神科でSSRIという、うつ病のお薬をもらうのも良いです。SSRIは、黄体期に飲めば十分効果が見られると報告されているので、毎日飲む必要もありませんし、他の抗うつ剤と比較してその効果が発揮されるのが早いとされています。

PMS時のイライラの原因って?

PMSの症状として一番多いのが、精神面での症状でイライラするとか怒りが止まらないとか、情緒不安定になってしまうといった症状が多いのですが、生理前の不快症状を一番最初に研究されたとされているFrank氏が1931年に月経前緊張症(premenstrual tension:PMT)と名づけ研究をされていたのですが、この頃は、多すぎる卵巣ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)を出してしまえば治る!と、大量に下剤を飲ませるという荒療治をしていたとのことです。

ですが、近年の研究ですと卵巣ホルモン自体よりも、セロトニンと卵巣ホルモンの関係がPMSを引き起こしているのではないかという研究が有力視されています。

セロトニンとSSRI

セロトニンというのは幸せホルモンといわれているのですが、このセロトニンが不足してしまうとイライラ、怒り、情緒不安定になってしまったりしてしまいます。
プロゲステロンという卵巣ホルモンの一種が、低下するとセロトニンの分泌も低下するとされ、鬱っぽい症状や、疲労感、イライラといった症状が見られます。

そこで、脳内にセロトニンを増やすために上記でもお伝えしましたSSRIという抗うつ剤が有効なのですが、出来る限り薬に頼りたくない!精神科に行くのがやっぱり気が引ける!という場合には、食生活の見直しがとても重要です。

私は、PMSの改善には食生活がとても重要だということを切にお話ししているのですが、これは、きちんとした調査結果があって、イギリスでPMSの女性が犯罪を犯してしまった際の食生活を聞いてみると炭水化物をほとんど食べていなかったそうです。

また、クリニックを受診され、PMSと診断された方が生活指導を受け、きちんと炭水化物を食べるようにしたところ、薬を飲まずに済んでしまったというPMS患者さんも大勢いらっしゃいます。

月経前症候群(PMS)の緩和には、生活習慣の改善も取り入れること

食生活でPMSを緩和させる方法はというと、イライラの原因には血糖値の変動が一つの原因とされています。炭水化物を摂るといいですよ~って上記でお伝えしたのは、そのためです。炭水化物は、血糖値を上げてくれます。

炭水化物には2種類あって、1つは血糖値を急激に上昇させるもの、もう1つはゆるやか~に上昇させてくれるもの。どっちがいいかって言ったらもちろんゆるやか~に上昇させてくれる後者です。

緩やかに上昇させてくれる炭水化物は何を食べればいいのかっていうと、米、小麦、ジャガイモ、ライ麦などです。なので、ちゃんとご飯やうどん、お蕎麦を食べてくださいね。炭水化物抜きダイエットもほどほどにしてくださいね。

3時間おきの炭水化物摂取がイライラを抑える

さらに、イライラや怒りが激しすぎる場合は、3時間おきに炭水化物を摂るようにしてください。でも少量ずつで大丈夫です。3時間おきにいっぱい食べてたら太ってしまいますから。ちょこちょこ、クッキーとかを食べてください。これを続けることによって、体質が変わってきてイライラすることが減ってきます。実際に、この3時間おきに炭水化物を摂るということでほとんどのPMS患者さんに症状の緩和が見られたという報告があります。

辛い過ぎるときは、クリニックでお薬もらってすぐにでも辛い症状を無くすことが先決です。ですが、毎回薬だとあまり体にも良くないので、並行して食事療法も取り入れていって、PMSのイライラ、怒りを無くしていきましょう。

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

関連記事

PMDDで彼氏に嫌われてしまいそう 生理前の不安定を抑えるにはどうしたらいいの?

生理前は本心じゃないのに彼氏に別れたいって言っちゃう 生理前になるとなぜだかイライラや不安

記事を読む

PMSの症状が出た時は自分に合ったセルフケアを見つけることと周りの人達に自分の症状を説明すること

私はPMSの症状が出た時は、いつも寝起きに頭痛がするのでああもうすぐ生理になるんだなって分か

記事を読む

PMSの症状があるときとないときがある これって異常?

生理予定日10日以上前からPMSぽい症状が出るのは異常? いつもはこんなことなかったのに、

記事を読む

PMSイライラと食欲が抑えられない ピルを飲む生活を始めてみました

私は20代の前半のころから、ある症状に悩まされていました。それはPMS(生理前症候群)です。

記事を読む

PMSの症状と上手く付き合うために自分の生理周期を手帳に記入して無理しない生活

私は今35歳ですが、20代後半ごろからPMSらしき症状が現れ始めました。まず目立っていたのは

記事を読む

PMSのネガティブ 自分でコントロールできない そんな時は体を冷やさない

私のPMSの症状は、排卵日が過ぎてから段々と症状を見せ始めて、生理前一週間がMAXに辛い状態

記事を読む

生理がくる1週間前から過食になる 糖分の摂りすぎで体調不良に PMSどうやって過ごしたらいいの?

私はPMSという症状や言葉そのものも知らなかったのですが、20代の頃から生理が近づくと、いつ

記事を読む

PMSで彼氏と喧嘩して別れてしまう…生理前の感情を抑える手段を伝授!

PMSが来ると毎回のように彼氏と別れてしまう… PMSって本当に厄介なのです。PMSがひど

記事を読む

PMSから生理中までの身体 症状のサイクルを楽しむ方法

PMSで過食に走ってしまいます。PMSでつらいのは、ダイエット中にもかかわらず食欲の歯止めが

記事を読む

PMSの対処法 生理前から生理中の気分の落ち込み解消法

月経前症候群(PMS)の気分の落ち込みどう対処してますか? 女性は月の半分、月経前症候群(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

PMSを改善するのにサプリを活用してみよう PMS(月経

PMSを診断してくれる婦人科は?一定期間鬱っぽい症状これって普通の鬱?

仕事のストレスでうつ病に… 仕事でストレスを溜めてしまい

生理前のイライラで彼氏にふられるかも…|PMSの乗り越え方は?

PMSが原因で彼氏にふられそう…どうしたらいい? PMS

PMSのイライラを和らげたい!婦人科受診のタイミングはいつがいい?

現在子育て中 PMSのイライラがひどい!どうにかしたい!

PMS夫に理解されない…私が悪いの?ピル以外で症状を自制する方法は?

生理前はイライラ、不眠、食欲減退、性欲減退の症状が… 生

→もっと見る

PAGE TOP ↑