*

PMSで苛立ちが激しい場合 それはPMDDかも

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

re_medicine_fukuro

生理前の苛立ちが尋常でない!助けて!

PMS(月経前症候群)の症状がひどいと感じているあなたは、生理前になると決まってイライラしちゃう!この苛立ちどうしたらいいの!もう、誰か助けてー!って時があるかとおもいます。そんな時は、我慢しないでクリニックに相談に行ってみると良いかもしれません。あなたのPMSの症状に必要なピルや漢方、精神安定剤などを処方してくれます。

PMSはまだまだ研究中の症状で、きちんとした解決方法が見いだせてはいないという事実はあるのですが、それでも進んできていますし、女性誌や健康系の雑誌などで取り上げられたりして、少しずつですが認知度も上がってきています。ほんとに少しですけどね(汗)

月経前症候群がとてもひどい状況だと、PMDDという症状である可能性もあります。PMDDはPMSの精神面での症状が悪化しているときのことを言います。PMDDって何の略かっていうと、月経前気分障害(premenstrual dysphoric disorder:PMDD)なんて言います。ちなみに、PMSは、月経前症候群(premenstrual syndrome:PMS)です。

お医者さんにもよると思うのですが、まずは非薬物治療を行うかと思いますが、患者さんの苦痛を取り除くということが大前提ですから。とてもイライラ強く、周りの人に当たってしまったり、そんな自分に「なんであの時あんなふうに言っちゃったんだろう」とか、自己嫌悪を感じてしまったり、そのことが頭から離れなくてさらに落ち込んでしまったり、不安になってしまったり、人間関係が悪くなりそうになっているようでしたら、すぐに何かしらお薬を処方してくれると思います。

もちろん、PMS改善には体質改善を行うこともとーっても大事です。ですので、この体質改善も同時に行って、早くPMSの辛さから脱却しちゃいましょう。体質改善方法も後述していきたいと思います。

クリニックで漢方を処方してもらったけど・・・

PMSの改善のために、漢方を処方してくれる場合があります。漢方療法もPMSには有効的な方法だとされています。中国の漢方治療の古典である『傷寒論』というものにPMDDではないかなと思われる症状が記載されていました。そして、PMDDに有効だとされている漢方は、加味逍遥散(かみしょうようさん)という名前の漢方です。加味逍遥散は、精神症状を緩和させてくれる働きがあります。

漢方は小児でも飲めるものなので、症状がそんなに重くない人や薬は副作用があって怖いから薬にはまだ頼りたくないっていう人に良さそうです。
漢方は続けてみて体質の改善が見られてきたらあなたに合っているということなので、そのまま続けていくと良いのですが、1か月飲み続けてみたけど漢方効かなかったっていうときは、漢方をお休みして他の方法に切り替えてみると良いです。早く辛さ、苦しみから
解放されるということが最優先ですから。

精神安定剤ですこしましに

生理前の症状で精神面に大きな変動がある場合、イライラして怒っていたかと思ったら、不安に襲われたり、気分が沈んでしまったりと、気持ちの変動が激しい場合もPMS、PMDDの場合はあるんです。そんな場合は、もはやピルでは効かないこともありますので、精神安定剤を飲むと気持ちが安定して症状が良くなる場合もあります。

精神安定剤は即効性がありますので、症状が強く出ているときに飲むと収まるようです。近年のPMS、PMDDの研究では、セロトニンを中心とする神経伝達物質であるエストロゲン、プロゲステロンに対する関係が複雑に相互作用をきたしてPMSが発症されているのではないかという調査があります。

うつ病患者さんは、セロトニンという幸せホルモンが低下しているためだと知られているのですが、いわゆる女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの低下がセロトニンの分泌量を減らしてしまい、PMS時にイライラや不安、疲労感などの体調不良といった、うつっぽい症状を発生させているのではないかと言われています。

ちょっと難しいかもしれませんが、さらに仕組みとしては、プロゲステロンの代謝物であるアロプレグナノロンという、不安や痛みを取り除いてくれる物質もプロゲステロンの低下によって少なくなり、さらに脳内GABA(神経を落ち着かせたり、リラックスさせる)活性化すら低下させるため、鬱っぽい症状を引き起こさせているということです。

PMDDの特効薬!?SSRIという抗うつ剤

で、そんなイライラや不安、疲労感といった体調不良が出てPMSの症状が重い場合は、セロトニン再取り込み阻害薬であるSSRIというものが有効だと示唆されています。

SSRIって何なの?ってなると思うのですが、難しいことを省いて簡単に説明すると、SSRIは抗うつ剤の一種です。分泌されたセロトニンが回収されるのを防いで、脳内にとどめておく作用をしてくれるおかげで、脳内のセロトニンが減らずに残って働き続けてくれるので、イライラや不安、気分の沈みという鬱症状から解放され前向きな思考になるというものです。

どうしても辛い場合は、SSRIを服用してみるのも良いと思います。こういったら元も子もないように聞こえてしまうかもしれませんが、自分から苦しみを取り除くことが最優先です。PMS、PMDDの症状が重くて辛くて苦しくてどうしようもないときは、お薬に頼ってみたり、何でも試してみると良いと思います。あなたに合ったものを見つけて早く苦しみから解放されるのが一番ですから。

ただ、それと同時に体質改善も行うとより効果的ですし、いつまでもお薬に頼るということもなくなりますので、並行して体質改善も進めていきましょう。

PMS(月経前症候群)を改善するにはどうしたらいいの?

さてさて、ではでは、どうしたらPMS(月経前症候群)を改善する体質改善が出来るのでしょうかというと、イライラ、不安、気分の沈み、体調不良といった精神面での症状を改善させるには食生活を見直してみましょう。

気を付ける食事療法として、炭水化物を食べるということです。糖質制限ダイエットって、流行っていますし、カラダにもいいって言われていますが、PMSの精神的症状を改善させるには炭水化物が必要です。なぜかというと、血糖値が下がってるからなんです。

血糖値が下がるとどうなるかというと、アドレナリンが放出されます。アドレナリンは闘争、逃走、恐怖のホルモンと言われています。なので、神経が緊張状態になります。これがイライラや不安、心配、うつを発症させてしまいます。

さらに血糖値の低下は女性ホルモンの1つであるプロゲステロンを運搬できない状態をもたらします。プロゲステロンの低下は、セロトニンの分泌を低下させてしまうんでしたね。幸せホルモン セロトニンの分泌が少なくなるとうつ状態になってしまいますよね。なので、炭水化物は摂ってください。

PMSでイライラが激しい場合 3時間おきに炭水化物を摂取

そして、炭水化物の摂り方もちょっとコツがあります。それは。3時間おきに摂るということです。血糖値を下げさせないために、ちょこちょこ炭水化物を摂ってください。そんなの太っちゃうよーって思うかと思いますので、ちょこちょこ少量を食べるんです。そうすることで、太りませんから。毎回3時間おきに同じ量を平らげたらそりゃ太ります。

ランチやディナーもいつもより少なめにして、お仕事中やお勉強中は、クッキーをちょこちょこ食べてください。クッキーも小麦を使ってますから、炭水化物です。

たまのお友達や彼とのディナーは、どうしたらいいの?って言われそうですが、そういう時は思い切り楽しんでください。我慢はストレスの元ですからね。いつもよりもクッキーの量を減らすなど工夫してみてくださいね。自己管理もPMS、PMDDの症状緩和にとても有効的な方法です。

食事療法はとても大事なことで、実際にPMS、PMDD患者さんに炭水化物を3時間おきに食べるように指導したところ、ほとんどの人が改善されているという報告もあります。なので、めんどくさーいなんて思わずに、食事療法も必ず取り入れてくださいね。

婦人科でピルを処方してもらったけど・・・

婦人科でピル(経口避妊薬)を処方してもらったはいいけど、1か月飲み続けてみたけどイライラが全然改善されないという場合、そんな場合も実はあるんです。誰にでも効果があるというものでもないんです。強いストレスを受け続けていたり、情緒不安定感が強いと、いわゆる低用量のピルでは効果が感じられないというケースもあります。

たとえば、旦那さんの転勤についていって、知らない土地と知らない人たち、友達もいない状況だと慣れるまで結構なストレス感じますよね。そんな時は、生理前でなくても心がナイーブな状態ですから、生理前なんてもうイライラや不安、情緒不安定さが爆発してしまうと思います。

ピル(経口避妊薬)は、プラセボ対照試験で、ピルの効果の方が高いということが認められてはいますが、効果はまだ不十分であることが多く、生活指導やカウンセリングを行い、食生活や運動といったセルフケアを取り入れることが大切だとされています。

PMDDの場合はピルよりもSSRIの方がいいかも

また、PMSよりも強いイライラや不安定さなど、精神的症状が強い場合は、PMDDだと診断されるかもしれません。ですので、その場合は精神科のお医者さんを紹介してもらってSSRIという薬に変えて使用してみるというのも検討してみるとよさそうです。超簡単に言うと、黄体ホルモン抑制をターゲットとした治療から、脳内伝達物質であるセロトニンをターゲットとした治療に変えてみるということです。

精神科っていうとちょっと抵抗があるかもしれませんが、自分の生理前に起こる強烈なイライラを無くす方が先決ですよ!イライラするせいであなたの大事な旦那さんに八つ当たりして夫婦なが壊れちゃったら嫌じゃないですか。それに、シティリビングっていう雑誌に精神科のイケメンドクターが特集されていたので、行った精神科にイケメンドクターがるかもしれませんよ。

だから、ピル飲んでも何してもイライラして旦那に八つ当たりしてしまうー、このままじゃ職場の人間関係が壊れるーっていうくらいイライラしちゃうときは、もう臆することなく精神科に行ってみましょう。

きっとイケメンドクターに会えると信じて(笑)毎日見ている旦那さんも安心感があって良いかもしれませんが、新しいイケメンに会えるだけで癒しになりますよ。それだけでイライラがなくなっちゃうかも!?

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

関連記事

産後PMSが酷くなった|子供にイライラな時の改善方法

元々生理前は疲れやすくイライラもあった 生理前になると女性はどうしてもイライラしたり身体の

記事を読む

PMS1週間前からイライラがひどい そんな時はアロマとハーブティーでモヤモヤもスッキリ

私は生理が始まる一週間前くらいから、食欲がものすごく旺盛になるの。それで普段だったら食べない

記事を読む

PMSで特定の男性にイライラする 生理前はとにかく規則正しい生活をすることが一番大事

PMSって知ってますか?私はどうもそれみたいで。生理前になると食欲が止まらなくなるのと、気分

記事を読む

生理前の過食、気分の落ち込み、胸痛が辛い|PMSと向き合っていく方法

PMS(月経前症候群)がとにかく辛い! 生理前になると胸が張って痛いという身体的な症状が出

記事を読む

PMSのイライラでつい浪費してしまう そんな時は1日の目標を決めて行動する

私は、26歳の専業主婦です。子供の頃よりも、成人してからの方が、PMSの症状がひどくなりまし

記事を読む

PMSが酷い!薬を飲んでも何を試しても効果なし…どうしたらいいの?

生理2週間前からPMSの症状が出始めるから調子が良い日が少なくて辛い PMSは、黄体期に症

記事を読む

PMSを診断してくれる婦人科は?一定期間鬱っぽい症状これって普通の鬱?

仕事のストレスでうつ病に… 仕事でストレスを溜めてしまい、結果的にうつ病を患ってしまう

記事を読む

PMSのイライラはピルの服用で治るのか?

PMS(月経前症候群)でイライラしてしまう PMS(月経前症候群)、イライラして旦那に当た

記事を読む

PMSイライラと食欲が抑えられない ピルを飲む生活を始めてみました

私は20代の前半のころから、ある症状に悩まされていました。それはPMS(生理前症候群)です。

記事を読む

PMSはまだ認知度が低い!詳しい先生のいる婦人科を受診することがベスト

私は中学生までは生理痛もPMSも無く日常生活を送れておりました。しかしながら高校生になって急

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

PMSを改善するのにサプリを活用してみよう PMS(月経

PMSを診断してくれる婦人科は?一定期間鬱っぽい症状これって普通の鬱?

仕事のストレスでうつ病に… 仕事でストレスを溜めてしまい

生理前のイライラで彼氏にふられるかも…|PMSの乗り越え方は?

PMSが原因で彼氏にふられそう…どうしたらいい? PMS

PMSのイライラを和らげたい!婦人科受診のタイミングはいつがいい?

現在子育て中 PMSのイライラがひどい!どうにかしたい!

PMS夫に理解されない…私が悪いの?ピル以外で症状を自制する方法は?

生理前はイライラ、不眠、食欲減退、性欲減退の症状が… 生

→もっと見る

PAGE TOP ↑