*

PMSの症状である生理前の下痢 下腹部痛 便秘を緩和させるにはどうしたらいいの?

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

re_benpi_geri_woman

生理前に下痢や便秘 お腹が痛くなるのはPMSのせい?

生理前にお腹に不調をきたす女性はかなり多いそうです。九州看護福祉大学の調査では162人中120名が生理前に下痢や便秘、腹痛があると回答があったそうです。74.1%もの女性がおなかになんらかの不調をきたしているということですね。

多くの女性が感じていることなので、激しいPMSの症状のうちの一つでもあります。
中でも激しい下痢、腹痛、便秘で日常生活に影響があるという方々は22.8%もいらっしゃるという研究結果もありました。

症状は毎回という場合もあれば、時々という場合もありますし、症状が重いときもあれば軽いときもあり、大なり小なり多くの女性が経験しているPMS(生理前症候群)の一つです。

生理前に下痢や便秘、腹痛が起きる理由

生理前に下痢・便秘・腹痛が起きるのはホルモンの影響で起きるといわれています。生理前に黄体ホルモンというものがたくさん分泌されると腸の働きが低下してしまいます。PMSでおなか周りの症状を感じる人は、排卵後の黄体ホルモンのレベルが低いのだそうです。

黄体ホルモンがたくさん分泌される人の症状として、便秘気味になることが多いです。そして、黄体ホルモンが減少してくると便秘が解消されていくのですが、減少されすぎると下痢になってしまうのです。なので、PMS(月経前症候群)で下痢に悩む人は、その前に便秘になっている場合が多くあります。

さらに、生理前に始まった下痢は生理中まで引きずります。その理由は、これまたホルモンの一つであるプロスタグランジンというホルモンが作用し、子宮の筋収縮を行うんです。その結果として大腸までもが収縮され、PMSの症状の一つとして表れていた生理前の下痢が生理中まで続いて下痢が続くということになります。

プロスタグランジンがホルモンの一種だよって言われても聞きなれないかと思いますので、ちょっとだけ身近なお話しすると、陣痛促進剤として使われていたり、産後の子宮収縮や止血をするために、子宮筋収縮をさせる目的で使用されています。
そんなホルモンです。

余談になりますが、PMS(生理前の不快な症状)という症状の存在を初めて学会で発表したのが、ニューヨークの精神神経科医のR・T・フランク氏という方なのですが、この時代、多すぎる卵胞ホルモン(エストロゲン)を出してしまえばPMSは改善されるという考え方であったので、PMSの症状に悩む方に大量に下剤を飲ませるという荒療治をしていたのです。

こんなこと、PMSの症状として下痢に悩んでいる人に行ったら大変ですよね。もちろん、今はどこの病院に行こうとこんなPMSの荒療治は行われていませんので安心してくださいね。

PMSの身体的症状

PMS(月経前症候群)の症状として精神的な症状と、身体的な症状があります。これは、どちらか一方だけ症状が現れるという人もいれば、精神的、身体的両方とも現れる人もいます。そして、毎月違った症状が現れる場合もあります。

このことからPMSはとても繊細なんですね。女性もその分男性よりも繊細に作られているということでしょうか(笑)

今回はPMSで悩まされる下痢や便秘、腹痛についてなので、PMSによって引き起こされる身体的症状についてどんな症状があるか、調べてみました。

・腹痛
・胸が張る、胸が痛い
・腰痛
・頭痛、頭が重く感じる
・お腹が張っている感じ、ガスが溜まっている感じ
・足腰がだるい
・疲れが取れない、疲労感がある
・過食、食欲がない
・にきび
・肩こり
・下痢
・のぼせ
・吐き気
・便秘
・口の渇き
・体重増加

等があげられ、多くの方が複数の症状を感じていることでした。

PMSの症状はなんと200種類以上も!

PMSの症状は200種類以上とも言われていて、人それぞれ違った症状が現れています。上記でもお話ししました通り、ニューヨークの精神科医のフランクさんの時代では下剤を飲ませてエストロゲンを排出してしまえばいいんだーという考えでありましたが、今は研究が進んでそんな治療はしません。

ただ、その分研究者の間で意見が分かれてしまい、まだPMSのメカニズムは解明に至ってはいないんです。

原因が10個くらいだったら、PMSの改善にピンポイントで責められそうなものですが、200種以上というこれだけの症状が現れてしまいますから、研究が難航してしまうのもうなずけます。

というわけで、主な身体的症状をあげてみてもこれだけの症状がありますから、生理前、何だか調子が悪いなって思ったら、「そうか、私PMSなんだ」って思えたら、「じゃあしょうがないか!」ってちょっと楽になると思いますので、ご参考になさっていただけますと幸いです。

PMSが社会生活を乱す

PMSの症状は軽いときもあれば、重いときもあります。毎回重かったりすることもあれば、時々軽く済むということもあります。PMSの症状はとってもきまぐれ。だから、困っちゃうんですよね。

例えば、今回のテーマであるPMS時の下痢の症状。これって、学生さんなら試験前だったり試験の最中だったりしたら最悪ですよね。勉強にも身が入らないし、テストの最中におなかが痛くなってしまったら、試験にも集中できないですし、結果も実力が出せないまま最悪な結果になってしまいますよね。

あなたがOLさんなら、電車に乗っているときや、会議中なんかにお腹が痛くなってトイレに駆け込むって恥ずかしいっていう気持ちもあるし、会議にも集中できないしで大変ですよね。年配の上司だとわかってくれない方も中にはいらっしゃるから、「たるんでるぞ!」なんて言われたら悔しいやら悲しいやら色んな気持ちが相まって、どんどん症状も悪くなってしまいます。

通勤途中だったら、トイレに駆け込んで、しばらくトイレから離れられなくて会社も遅刻してしまったりとか、仕事中でも、下痢のおなかがゴロゴロ、キュルキュル言い出したりして周りに聞かれて恥ずかしい思いをしたりとか、何かと社会生活に支障をきたしますよね。下痢って体力も奪われるし。。。

PMSだからしょうがないって思える時もあれば、「もうー!なんでこんな大事な時にー!」って言うときだってありますよね。PMSの身体的症状が現れるだけで、精神面にもイライラや悲しみなんかも併発してしまいどんどんPMSが悪化していってしまいます。そうなってくると、もう会社休んじゃおうかなとか、学校休もうかなっていう気持ちまで出てきてしまうことでしょう。

PMSで下腹部痛に悩まされる場合の対処法

PMS(生理前)から生理中のときに悩まされる下痢は、黄体ホルモン(エストロゲン)の減少によるもの。そして、生理中まで下痢が長引いてしまうのは、黄体ホルモンに代わって陣痛促進剤としても使用されるプロスタグランジンというホルモンの一種が分泌されることによります。

そして、卵巣ホルモンというのはストレスにとても敏感にできています。ストレスを受けることによって卵巣ホルモンが乱れ、PMSの様々な症状を引き起こす原因となります。
その結果として、エストロゲンとプロゲステロンが異常をきたし、身体的症状として下痢などの症状が引き起こされます。

つまり、『卵巣ホルモンを刺激しない』ということは、PMSの下痢に悩む人にとってとても有益な手段だといえます。また、ありきたりですが、PMSのときは辛いものやカフェイン刺激のある食べ物は避けるということも意識して行うと良いです。おなかに優しいうどんやおかゆを食べるようにするというのも良いですし、暖かいものを摂るように心がけると、PMS時の下痢の症状はだんだんと良い方向に向かってくれることと思います。

ストレスを与えないように、ウォーキングなどの軽度の運動も取り入れるとさらに良いです。ヨガやストレッチなんかも良いですね。PMSの時期がやってきたら、食事や軽度の運動、ストレスをためない、睡眠をしっかりとるようにするなど、いつも以上に自分を可愛がってあげるようにすると徐々に重い症状から軽い症状へと向かっていきます。
ですので、PMSのときは、いつもより念入りにお肌のお手入れをしたり、好きな音楽を聞いたり好きなブランドの洋服を買ったりなど、自分を甘やかしてあげてください。

(注目記事)PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

関連記事

生理前おなら回数が多い PMS時のおなら対策方法について

生理前(PMS)になるとおならの回数が増える原因は? 便秘になるとおならが出やすくなり

記事を読む

独身の時よりも酷くなったPMS、気にしないことが私の解決法

私は生理前になるとおでこにニキビができて軽い腹痛があり、食欲が止まりません。スナック菓子やお

記事を読む

PMSで胸の張りが酷く激痛が走ることも。セルフケアは血行を良くすること

PMSにはほぼ毎月悩まされています。生理10日前くらいから突然暴食スイッチがオン。ジャンクフ

記事を読む

生理1週間前くらいから感じる吐き気 この症状はPMS?治す方法はコレ!

生理前になると決まってつわりなのかなって思うような吐き気がある場合。そして、それがつわりでは

記事を読む

PMSのつらい症状はなかなか男性に理解してもらえない だからこそ伝えることが大切

私のPMSの症状は、気持ちが落ち込むこと、頭痛、胸の張り、腹痛、便秘が毎月あります。特に3年

記事を読む

生理前の食欲、吹き出物、イライラ…ピルを飲まずにPMSを治したい!

実は今もPMSで悩んでいます。いい加減婦人科に行こうと思っているのですが、「ピルを使わないで

記事を読む

PMS症状改善方法 腹痛 気持ちの浮き沈みがひどかった私が今は上手く付きあってます

私がPMS症状で悩まされると感じるようになったのは高校2年生の頃からです。反抗期という時期も

記事を読む

生理前症候群(PMS)で吐き気がひどい PMSで仕事休むのはダメ?

生理前症候群(PMS)で吐き気がひどい 生理前に精神的に落ち込んでしまったり、体調不良にな

記事を読む

PMSで身体がむくむ 濃い味が食べたくなる 生理周期手帳で自己管理

PMSの時は、ちょっとイライラする上に、のどが渇く、体がむくむでさらにイライラする。私の場合

記事を読む

生理前症候群と上手く付き合うには?自分を甘やかし大事にすること

女性なら皆、毎月、来る生理。これがなければ、どんなに楽だろうと毎月思うのは私だけではないはず

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PMS用改善サプリ女性のミカタで生理前の症状対策

PMSを改善するのにサプリを活用してみよう PMS(月経

PMSを診断してくれる婦人科は?一定期間鬱っぽい症状これって普通の鬱?

仕事のストレスでうつ病に… 仕事でストレスを溜めてしまい

生理前のイライラで彼氏にふられるかも…|PMSの乗り越え方は?

PMSが原因で彼氏にふられそう…どうしたらいい? PMS

PMSのイライラを和らげたい!婦人科受診のタイミングはいつがいい?

現在子育て中 PMSのイライラがひどい!どうにかしたい!

PMS夫に理解されない…私が悪いの?ピル以外で症状を自制する方法は?

生理前はイライラ、不眠、食欲減退、性欲減退の症状が… 生

→もっと見る

PAGE TOP ↑